posレジとガチャレジの違い

女の人

ガチャレジ

一般的にガチャレジと言われているレジとはキャッシュレジスターになります。キャッシュレジスターはいわゆる会計登録機で商品やサービスの金額を計算するだけのシステムとして、飲食店などの接客業に導入されていました。

posレジ

一方、posレジはがガチャレジの後継機のようなもので、会計システム+顧客情報管理ができる高機能なレジになります。従来のガチャレジとは違い、顧客情報を管理することができるので、顧客のニーズが目に見えて分かるようになります。

最新型のposレジ

最近では、posレジはPC型のものから、タブレット端末を利用して使うことができるposレジもあります。特にタブレット端末は、今やPCの代わりに導入している企業もあるほどです。もしも、レジを自社で導入したいと思っているなら、タブレットposレジを導入してみてはどうでしょうか。

posレジを導入した企業の声

コストがかからない

自社ではタブレットposレジを導入しました。その理由は、コストパフォーマンスがかなり高いからです。タブレット端末にposレジアプリをインストールするだけですから、従来のposレジよりも遥かに安い費用で導入することが可能なんです!(飲食店 男性)

データを分析できる

売上集計をデータ化することだけではなく、様々な分析機能がposレジにはあります。その分析機能を活用すれば、自社でサービスや商品を購入している顧客が何を求めているか、一目瞭然です!おかげで新商品の開発もはかどっています!(営業 男性)

打ち間違いが減った

posレジでは予め、商品設定ができるので会計時にも時間をかける手間が減りました。しかも、商品設定しているからこそ、スタッフの打ち間違いで集計がおかしくならずに済み、業務効率がアップしました。(飲食店 男性)

複数店でも安心

以前では、店舗の売上は深夜帯に送られてくる日報でしか、確認することができませんでした。しかし、posレジを導入することで、複数の店舗の売上を一元管理することができ、いつでも各店舗の情報を確認することに成功しました。(美容室 男性)

広告募集中